遺産分割

相続人が確定して遺産の概要が見えて来ましたら、あとはどう分けるかですが、相続において最もデリケートなのがこの遺産分割の問題です。

法定相続通りに財産を分割するケースは極めて稀で、実際は話し合い=遺産分割協議によって分割するケースがほとんどだからです。
当然、相続人それぞれに事情がありますので円満にまとめるのはなかなか難しいものなのです。

遺産分割の方法は3つ

現物分割
1つ1つの財産を誰が取得するのか決める方法。

代償分割
特定の相続人が、特定の財産(現物)を相続する代わりに、他の相続人に金銭などを与える方法。

換価分割
遺産を売却してお金に換えた上で、その金銭を分ける方法。

遺産分割協議がまとまったら、遺産分割協議書を作成するのが一般的です。
遺産分割協議書については、法律上作成を要求されているわけではありません。しかし、遺産分割協議書は、遺産分割の結果について、合意内容を明確にし、後日の紛争を回避するための証拠として重要な意味をもちます。また、各種名義変更についてもスムーズに手続を進めることができますので、きちんとした遺産分割協議書を作成しておくべきです。
特に、印鑑登録証明書付きの実印が捺印された遺産分割協議書は登記原因証書となりますので、不動産の名義変更手続を行う際には、極めて重要な書面となります。遺産分割協議書の記載の仕方によっては、登記手続ができないという事態も生じかねません。不動産について一般的な条項とは異なる条項を盛り込む場合などは、司法書士ともご相談の上、きちんとした遺産分割協議書を作成することをお勧めします。

無料相談はこちらから

まずはお気軽に無料相談 0120-973-813|営業時間:月曜~金曜9:00~18:00

相続を成功させる3つの秘密|無料プレゼント中

札幌相続ニュース

アクセスマップ|大通駅前徒歩1分

地図を拡大

税理士法人ノースブレーン

札幌遺言|札幌駅前相続サポートセンター

札幌駅前介護・障害福祉支援センター

駅前相続サポートセンター代表のブログ

ページの先頭へ