相続不動産

相続財産の多くは土地・建物などの不動産です。
相続が発生した場合、被相続人名義の不動産登記簿を相続人名義に変える手続きをしなくてはなりません。
ご存じの通り、不動産の所有権を主張するには「登記」が必要ですから、不動産名義を速やかに変更しないと、後々トラブルになる可能性があります。

例えば、あなたが相続で取得した土地(名義変更前)を、他の相続人が勝手に第三者に売却してしまった場合、その名義変更前の登記を信用して土地を購入した第三者との間でトラブルになり、裁判になってしまうこともあるでしょう。

後々のトラブルを避けるためにも、名義変更はできるだけ速やかに行いましょう。不動産の名義変更の流れは以下のとおりです。

1)遺産分割協議

遺産分割には大きく分けて3つ(現物分割・換価分割・代償分割)ありますが、一般的には不動産は相続人Aに、預金は相続人Bに、その他の財産は相続人Cにというように現物を分割するか、不動産を売却してその売却額を相続人で分けるということが行われます。
遺産分割が確定した際、相続人の間でトラブルが生じないように相続人全員で遺産分割協議書を作成します。
相続人が複数いる場合は、登記に際してこの遺産分割協議書が必要になります。

2)登記に必要な書類の収集

遺産分割の協議結果によって必要な書類は異なります。

A)法定相続人が一人の場合または法定相続分で相続をする場合

  • ・被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本
  • ・法定相続人の戸籍謄本
  • ・法定相続人の住民票
  • ・相続する不動産の固定資産税評価証明書

B) 遺産分割協議で決めた割合で相続をする場合

  • ・被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本
  • ・法定相続人の戸籍謄本
  • ・法定相続人の住民票
  • ・相続する不動産の固定資産税評価証明書
  • ・法定相続人の印鑑証明書
  • ・遺産分割協議書

3)登記申請書の作成・申請

登記の申請内容は状況によって複雑です。ご自身でされるよりも司法書士にご依頼いただいた方がスムーズだと思います。
司法書士にお任せいただければ、登記の申請書に集めた書類をまとめ、相続する不動産を管轄とする法務局に登記申請をし、提出書類に不備がなければ1週間程で登記が完了し、不動産の名義が変更されます。

なお、登記を申請する際には、固定資産税評価証明に記載されている不動産の価格に1000分の4を乗じた額の税金(登録免許税)が必要となります。

無料相談はこちらから

まずはお気軽に無料相談 0120-973-813|営業時間:月曜~金曜9:00~18:00

相続を成功させる3つの秘密|無料プレゼント中

札幌相続ニュース

アクセスマップ|大通駅前徒歩1分

地図を拡大

税理士法人ノースブレーン

札幌遺言|札幌駅前相続サポートセンター

札幌駅前介護・障害福祉支援センター

駅前相続サポートセンター代表のブログ

ページの先頭へ