遺言書が自分で書ける「遺言書セット」

遺言書は一部のお金持ちが書くもの?

「遺言書」と聞いて何をイメージするでしょうか?

"お金持ちがするもの"

"年をとった人がするもの"

"仲の良い家族には必要ないもの"

日本では遺言書に対して上記のような誤ったイメージを持たれている方が多く、「特殊なもの」「自分とは縁遠いもの」として、遺言書を書く習慣が一般的ではありませんでした。

しかし、遺言書は特別な人が書くものではありません。若くても年をとっていても、財産があってもなくても関係ありません。
すべての人にとって書いた方がよいものです。

大切な家族のための愛情表現

遺言書がないことにより、それまで仲の良かった家族の間に亀裂が入ったりトラブルに発展することが、今まで数多くありました。
遺言書を書くことは「大切な家族のために自分ができる愛情表現のひとつ」と言えるのではないでしょうか。

遺言書というと財産のことばかりを連想してしまうかも知れませんが、家族へのメッセージを残すことも自分の想いを書くこともできます。
法的な意味を持つ「遺言書」に愛のメッセージを込めて贈ると、贈られた相手は手紙をもらうのとはひと味違う感動を味わうことになるでしょう。

遺言書の書き方にはルールがありますが、逆にいえば、それさえ守ればよいのです。
心のこもった遺言書は、大切な人へ自分の想いを伝える最高のギフトになることでしょう。
元気な今、あなたの想いを遺言書に書き記しておきましょう。

自分で書ける「遺言書セット」

この「遺言書セット」は、初めての方でもひとりで簡単に遺言書を作成できるツールです。

また、「思ひ出ノート(エンディングノート)」も付いていますので、これまで自分の歩んできた道を振り返るのにも最適です。

自分で作成した遺言書を「念のために専門家にチェックしてもらいたい」という場合は、札幌駅前相続サポートセンターの専門家(弁護士・司法書士・行政書士・税理士)が相談に乗りますので、ご安心ください。

遺言書セット

(セット内容)

  • ・遺言書作成の手引き
  • ・遺言書用紙2枚(下書き用紙2枚)
  • ・封印用封筒
  • ・法定相続人の特定シート
  • ・財産リスト
  • ・思ひ出ノート(エンディングノート)

定価:本体1000円+税

※今なら、毎月10名様まで無料プレゼント実施中です。お申し込みはこちら

まずはお気軽に無料相談 0120-973-813|営業時間:月曜~金曜9:00~18:00

相続を成功させる3つの秘密|無料プレゼント中

札幌相続ニュース

アクセスマップ|大通駅前徒歩1分

地図を拡大

税理士法人ノースブレーン

札幌遺言|札幌駅前相続サポートセンター

札幌駅前介護・障害福祉支援センター

駅前相続サポートセンター代表のブログ

ページの先頭へ