8.遺言の保管・執行

相続が発生したらまず行わなければいけないのが遺言書の有無の確認です。
もし遺言書が出てきた場合にはすぐに開封してはいけません。
なぜならば遺言書の種類によっては開封してしまうと過料その他が発生する場合があるからです。

そこで、遺言書が出てきた場合の取り扱いやその後の手順などについて確認して行きましょう。

遺言の保管

遺言書は遺言者が亡くなった後に相続人に存在がわかる方法で保管しなければ意味がありません。

しかしながら、簡単に見つかって改ざんされてもいけませんので、どのように保管するかは重要な問題です。

遺言の検認・執行

遺言書は遺言書の種類によって開封の仕方に決まりがあります。

また、開封後の手続きも決まっていますので、しっかり理解しておきましょう。

遺言についてのよくある事例

遺言書は一般には馴染みの薄いものではありますが、法的効力がありますので正しく理解することで様々な活用方法があります。そこで代表的な質問を例に理解を深めて行きましょう。

まずはお気軽に無料相談 0120-973-813|営業時間:月曜〜金曜9:00〜18:00

相続を成功させる3つの秘密|無料プレゼント中

札幌相続ニュース

アクセスマップ|大通駅前徒歩1分

地図を拡大

税理士法人ノースブレーン

札幌遺言|札幌駅前相続サポートセンター

札幌駅前介護・障害福祉支援センター

駅前相続サポートセンター代表のブログ

ページの先頭へ