相続放棄

相続といっても、遺産には「プラスの財産」「マイナスの財産」があります。「プラスの財産」が多ければ問題は生じませんが、「マイナスの財産」を相続することになった場合は注意が必要です。
例えば、被相続人に多額の借金があった場合や損害賠償責任がある場合などは、相続人がそれら財産や借金の相続を「引き継がない」と申請することができます。その相続権そのものを放棄することを「相続放棄」と言います。
ただし、相続放棄ができるのはたったの3か月です。被相続人が亡くなったときから3ヶ月以内に、家庭裁判所に相続放棄の申立をしなければいけません。相続放棄をするかどうかを判断するためには、相続人が財産、借金のどちらが多いのか調査してその内容を把握する必要があります。その、調査期間として、「3ヶ月」の期間が設けられているわけです。

相続方法は3つあります

単純承認
相続財産と債務を無条件・無制限に全て引き継ぐ方法。

相続放棄
プラスの財産よりもマイナスの財産が多い場合や、何らかの原因で相続人になりたくない場合にとられることが多い方法。

限定承認
プラスの財産とマイナスの財産のどちらが多いかわからない場合に、プラスの財産の範囲内でマイナスの財産も相続する方法。

3ヶ月を過ぎても相続放棄できる場合があります。

相続放棄は相続が開始して(親族が亡くなられて)から3ヶ月以内にするのが通常ですが、例えば「亡くなったことを知っていた。自分が相続人であることも知っていた。ただ、借金があることを知らなかったから相続放棄はしなかった。」という場合において、最高裁判所が相続放棄を認めています。

要するに、3ヶ月を過ぎても相続放棄を認められる場合があるということです。条件が揃えば3ヶ月を過ぎても相続放棄はできる可能性はありますので、あきらめずにご相談下さい。

無料相談はこちらから

まずはお気軽に無料相談 0120-973-813|営業時間:月曜~金曜9:00~18:00

相続を成功させる2つの秘密|無料プレゼント中

札幌相続ニュース

アクセスマップ|大通駅前徒歩1分

地図を拡大

税理士法人ノースブレーン

札幌遺言|札幌駅前相続サポートセンター

札幌駅前介護・障害福祉支援センター

駅前相続サポートセンター代表のブログ

札幌 税理士法人ノースブレーン

ページの先頭へ